Article

スパン: Google とデザイン × テクノロジーを考える
SPAN: Conversations about design and technology, hosted by Google.

Google では、「ユーザーの立場で考えれば、自ずと答えは見えてくる」と考えています。デザイナーは常に「ユーザーに情報は伝わるだろうか」「判断のきっかけになるだろうか」「美しい、便利と思ってもらえるだろうか」と心の中で問いかけています。デザイナーとユーザーの間の絶え間ないダイアローグ - それは「必要なもの」と「やりたいこと」を人と繋げ、提供するための対話です。

この会話をどう活かし、デザインとテクノロジーを日々の生活に結び付けていくか - このことをコンセプトとした、デザイナーによるデザイナーのためのイベントが「スパン」です。今年は東京とロサンゼルスの2都市で、各地域のコミュニティーの特性を生かしたイベントを企画しています。インスピレーションや教養を与えてくれる考え方のクリエイター達を招き、今日のデザインにフォーカスを当てる機会を作っていきます。

At Google we say, “Focus on the user and all else will follow.” As designers, we do this with a unique passion. We ask ourselves: Will users understand the information? Will it help them make decisions? Will they find it beautiful, useful? Between the user and the designer is a continuous dialogue, a conversation that connects people with what they need or want to do most.

SPAN is motivated by these conversations, and particularly by how design and technology shape our everyday lives. A conference created by designers for designers, this year’s events will take place in Tokyo and Los Angeles and focus on the creative communities in each location. Featuring makers and thinkers who educate and inspire us, SPAN is our opportunity to highlight the best in today’s interdisciplinary design practice.